東京 高円寺 日本初生米麺フォーとベトナム屋台料理 チョップスティックス

★チョップの「今」をお届けします!★
 

ホーム  >  店長ブログ

*いよいよ夏の麺メニュー 登場です!
 

夏のチョップの定番メニュー
「ブンネム」です!

揚げ春巻きをのせた、細い丸麺とサラダを和えて食べる
ヒンヤリ美味しい、冷やし麺です。

暑い時、食欲がない時でもツルツル食べられます。

辛口とさっぱり味の2種からお選びください。




ハノイの名物料理
「ブンチャー」です。

これも丸麺ですが、焼いた豚肉と豚つくね入りの
甘酸っぱいつけ汁につけて食べるつけ麺です。

これはいくらでも麺が食べたくなってしまう、
箸が止まらない料理です。


| 新メニュー情報 | comments(0) |
*夏フェアやってます〜
※お知らせ※
こちらは2010年の情報です。
2011年の情報は改めてお知らせします。
お楽しみに!

毎年、夏限定の当店名物料理
「ブンネム」と「ブンチャー」が、今年からグレードUP!


昨年までは他店同様、乾麺のブンで提供しておりましたが、

今年からは、生ブン!!で提供しております
(ブンとは、丸米麺のこと。ベトナムではフォーよりよく使われる麺です)

もちろん、日本初 楽しい


もちもちした食感のブンは、日本米ならでは。
この食感は世界初でしょうねびっくり



ブンネム
揚げ春巻きをのせ、生野菜とパクチー、ミントがのったサラダ感覚の冷やしあえ麺です。

当店の味は、スゥイートチリソースベースの辛くて甘酸っぱさのある味です。辛いのが苦手な人には、すっぱしょっぱい、さっぱりめの味でも出しております。


ブンチャー

ハーブや生野菜を添えた、
焼き豚肉と、豚つくねのせ ベトナム風つけ麺です。


当店の味はハノイ風。甘すぎず、しょっぱすっぱくてさっぱりめの味です。

ハノイのベトナム人宅へ行くと、よくこのブンネムとブンチャーを出されます。
ブンチャーにネム(揚げ春巻き)を一緒に出すと言ったほうがいいかな。
ネムはたくさん巻いておけるし、チャー(豚つくね)も作っておけるので、友人を招いて食べるのにちょうどいいのでしょうね。
家族や友人が集まって食べた機会が度々あります。


とっても美味いですよ!

期間限定メニューなので、ぜひお試し下さい。


| お知らせ | comments(2) |
*さかな園でのバーベキュー
シルバーウィークの中休み。
臨時休業して、スタッフ全員でバーベキューに行きましたバス
今月一杯で店を辞めて、ベトナムへ帰国してしまうトゥイさんの送別会と、新しく入った幸太郎君の歓迎会も兼ねています。

場所は武蔵五日市駅からバスで10分ほどのところにある、
さかな園。
昨年もここに行きましたが、とても楽しめるバーベキュー場です。


やっぱりビールは333ですね。
・・・というか、ベトナムフェスティバルでの売れ残りの333が店にわんさかあったので1ケース持って行きました。

333の他、ベトナム人スタッフが大好きな巨峰やワインなども冷やしてます楽しい


さかな園なので、魚釣りができます。
みんな、仕事以上に真剣・・・


釣ったマスはこんな感じ・・・炭火で焼けます!


焼いたマスはこんな感じで、一口で食べます・・・びっくり
注)頭は残しましょう。

まあ、そんなこんなでとっても楽しめました。
| 日記 | comments(1) |
*ベトナム 冷やし麺
ベトナムには、「冷やし麺」というものはありませんが、
温かい汁麺ではなく、「あえ麺」や、「つけ麺」はあります。

チョップでは夏限定で販売しているのが、「ブンネム」と、「ブンチャー」です。

★ブンネム★

「ブン」とは、米でできた押し出し麺のことで、フォーとは違い、丸い形状をしています。
太さはいくつかあるのですが、夏には細いものが食べやすいので、
当店ではこのメニューには細いタイプを使用しています。
「ネム」とは、ベトナム北部の言葉で「揚げ春巻き」のことです。


つまり、「ブンネム」とは、「揚げ春巻きのせ丸麺」


味付けはヌクマムベースでさっぱりとした味のものと、、
スゥイートチリソースベースの甘辛い味の物を用意しています。
特にオススメしているのが後者の味。
生野菜をのせ、パクチーやミント、そしてレモンを絞ってお食べ下さい。
日本人向けに、当店では冷たい状態でお出ししています。
(日本では熱いものは熱く、冷たいものは冷たく・・・というこだわりがありますからね)

★ブンチャー★

「ブン」は、ブンネムと同じブンを使用しています。
「チャー」とは、豚肉を焼いたものをいいます。
しかし、この「チャー」には2種類あって、豚バラを焼いたものと、豚ミンチを焼いたものがあります。
ベトナムのブンチャー屋さんでは、通常、何も言わなければ両方が入った汁が出てきますので、当店でもそのスタイルで提供しています。


「ブンチャー」とはつまり、「焼き豚肉入り汁つけ麺」のこと。


豚ミンチはもちろん自家製。手間暇かけて作ってます。
ヌクマムベースのあっさりとした汁に、焼いた豚バラと豚ミンチを加えるとその旨みが汁に溶け出します。
そこにスライスした青パパイヤ、ミント、パクチー、生野菜、レモンなどを入れ、ブンを浸して食べれば、それは至福の味。

この2品は、ほとんどアレンジなく、ベトナムそのままの味でお出ししています。グッド

9月まで限定なので、お早めにどうぞ!ジョギング
| おすすめ☆ | comments(1) |
*新メニューのお知らせ
ただ今、夏メニューを検討中です。
麺類では、初めて、フォー以外の麺を導入します。
また、屋台料理も日本ではあまり紹介されていないが、
ベトナム人の大好物を取り入れます。
この他にもいくつか導入されますので、お楽しみに!!



イカの中に肉をつめたもの。日本のイカ飯みたい。
味はソーセージのような・・・食べたことないがとにかくおいしい。


豚の胃「ガツ」を炒め焼きに。
歯ごたえがあり、かめばかむほどはまります。


これもベトナム人の大好物。
ベトナム版のサムゲタンですな。
暑い夏にはスタミナをつける為にもこの薬膳滋養スープをぜひ!


ハノイ人なら毎日食べたい!揚げ春巻きのせの冷やし麺。
麺はブンという丸米麺。
さっぱりでピリ辛の特製タレは、くせになります。
| お知らせ | comments(0) |
*新メニュー開発☆
暑くなったり、寒くなったり、気まぐれな気候ですね!
風邪をひかないようにご注意をバッド

私は朝の寒さにやられてしまいました。夜は暑いのに。。


さて、今チョップスティックスでは夏に向けて新メニューの開発に取り組んでいます食事


まずはチェーです。


チェーはベトナムのデザートで、豆やフルーツを入れて、ココナッツミルクとシャキシャキの氷を混ぜて食べるものです。


特に決まったものはなく、作る人によってバリエーションは様々です。


私たちは何の材料を入れて新しいチェーを作ろうか、考えていますニコニコ



次に、冷やし麺を考えています。


夏はサラダ感覚でも食べられ、暑いときはさっぱりしていいですね。
ラーメン屋に行くと、この時期は冷やし中華をはじめるところも多いですね。


ベトナム料理では、どんな冷やし麺ができるか、楽しみにしててくださいおはな


| 日記 | comments(0) |
★ 東京・高円寺北口。
  日本初「生」麺フォーが自慢の
  ベトナム屋台料理店です。

  地図・営業時間はこちら>>
★ カテゴリー
 
★ 最近の投稿